躁鬱病の原因を知って予防する【ココロの健康維持を目指して】

女性

家族の幸せのために

医者

遺伝的要素

躁鬱病の原因は色々な要素が絡んでいます。まず何よりも可能性が高いのが遺伝的要素です。親が、家族が躁鬱病であると、その人もそのようになる因子があります。データ上の調査ではありますが、家族に躁鬱病の人がいる場合は、躁鬱病になる確率が高いことが統計上わかっています。そのデータは遺伝が何かしら関与しているといってもいいくらいの有意性があるデータです。そのため遺伝的要因が有ることは否定出来ないです。そのため、遺伝的な原因があるということがわかれば、まず、家族にそのような人がいないか確認してみましょう。他の家族に聞くのもいいですし、症状から明らかに躁鬱病だと分かる人がいれば注意することができます。遺伝的要因に原因が有るということは今は、症状が出ていなくても将来的に出る可能性が有るということなので、生活環境特に精神性正常の健康を保つようにしましょう。もちろん遺伝的な要素だけが原因とも言い切れないところがあるので、生活環境は精神衛生面の関係性を絡んできて、遺伝的になりやすい人が精神衛生上問題を抱えたところに、精神的ダメージを与えるようなことが発生して発症するようなケースがよくあります。なので、もともとかかりやすい人に精神的ダメージを与えることは病気が発症するリスクを高めます。

生活環境上の要素

そして生活環境が大きく関わってきます。躁鬱病を発症する前段階でうつ病を発症しているというケースが多く、ふだんからストレス下に置かれているような人がかかりやすいといえます。生活環境が良くない、家庭環境が悪い、食生活が悪い、生活のリズムが乱れていると言った状態であるとうつ病を発症しやすくなり、それに更に追い打ちをかけるようなことがあると結果的に躁鬱病になってしまうのです。生活環境を出来る限り整えることは発症の予防に非常に効果があるといえるでしょう。ストレスが溜まりすぎている状態は決して良くないので、食生活の改善や運動を取り入れストレスを軽減することは有意なことといえます。周りの人は無理をさせないということも非常に大切です。悪いことでなくても過集冲などが結果として躁鬱病を招くということも考えられます。過度の運動、栄養が偏るくらいの過度のダイエットなど過集中でやってしまうことに対しても結果的に病気の発症の原因になってしまうので注意をする必要があります。本人は気づかないことがよくあるので周りの人が気づく必要があります。それを見過ごしてしまうと発症し、その後が、本人も、家族も辛い道を歩むことになりかねないのです。