躁鬱病の原因を知って予防する【ココロの健康維持を目指して】

女の人

気分障害の代表的な症状

看護師

重症だと生活に支障が出る

誰でもうれしいことがあった時は気分が昂揚し、悲しいことがあった時は気分が沈みがちになるものです。ただ、中にはその程度があまりに激しく、正常な判断能力を失ってしまうほどになってしまう人があります。また、これといった原因もないのに気分の昂揚と沈滞を繰り返すケースもあります。こうした状態を精神医学においては気分障害の1つとして位置付け、躁鬱病という名で呼んでいます。最新の専門分類では双極性障害という名称で呼ばれることもあります。躁鬱病は脳に何らかの故障が見られるような器質性の疾患ではありません。また多くの場合、症状が出ていない時はごく正常な生活を送ることが可能です。しかしその一方で症状はしばしば長期化する傾向があり、躁状態の時は虚言をなしたり極端な浪費行動に走ったり、鬱状態の時は勉強や仕事がまったく手につかなくなるなど社会生活面においてさまざまな支障を来すおそれがあることが知られています。躁鬱病は適切な治療を受ければかなりの確率で改善することができます。自覚症状のある場合や周囲の人間が異変に気づいた場合は、できるだけ早期に自ら決断するか周囲が勧めるかして専門医の診断を仰ぐことが推奨されます。

薬と心理療法で改善を

躁鬱病は躁状態すなわち気分昂揚期と鬱状態すなわち気分沈滞期が交互にあらわれる病気です。躁の間は多幸感に包まれ非常に活動的になりますが、その反面周りが見えなくなって正しい判断ができなくなったり、注意力が散漫になったりします。一方、鬱の間は何をするにも気分が乗らず、疲労感や無力感にさいなまれたり、時には自殺衝動をおぼえることもあります。通常は数か月から数年おきに症状が繰り返され、その中間には躁鬱どちらでもない安定期があらわれます。ただし人によっては1日から数日程度で劇的に気分が変化する場合もあります。躁鬱病の原因には遺伝的要素が関わっていると言われています。ただし特定の遺伝子が原因というわけではなく、いくつかの関連遺伝子が組み合わさって作用していると考えられています。その一方で、一卵性双生児でもどちらか1人のみが発症する例があることから、遺伝的要因にさらに生活環境やストレスなどの外部要因が加わって発症の原因を作り出すという説が有力になっています。医療機関における躁鬱病の治療は、薬物療法と心理療法が中心となります。薬物療法では気分安定薬をベースにして抗精神病薬や睡眠薬などを症状に応じて処方します。心理療法においては、認知行動療法や対人関係療法などによって精神の安定を図ります。

誰でもなる可能性がある

男性

原因は多くあり、またうつ病と間違われてしまうことがある躁鬱病は、継続的な治療が必要なものです。様々なことをきちんと話して、専門医に診断してもらうことが重要になります。躁鬱病は早めに気付くことが大切ですので、細かいところまできちんと伝えておくとよいです。

View Detail

家族の幸せのために

医者

躁鬱病は三大精神病と言われるくらい有名で、また治療が難しい病気とされています。原因はある程度はわかっているので、躁鬱病の症状が出ていなくても、ストレスが多い生活をしている、食生活が乱れているなどの状態であるとそこに大きな精神的ダメージを与えるイベントがあるだけで発症してしまうこともあるのです。

View Detail

病気と認める勇気

医者と患者

躁鬱病は原因が分かりづらく普段の生活のなかでも引き起こす原因が沢山あります。感情の噴出により引き起こされるため、自分の気持ちを理解し受け止めることが大切です。気持ちに対する対処の仕方を把握しておきましょう。

View Detail

病院で治療できます

男性

躁鬱病は、病院を通じて各人の原因を知り、薬物療法、その他の方法を適切に実施して、治療が可能な病気でもあります。その様な認知も広まった事から、病院を利用する人も多くなっています。躁鬱病は、最近では治療法も確立されてきており、薬物療法の他、考え方を変化させる取り組みなども実施されています。

View Detail